281:ボアアップピストンの調整

台湾製ボアアップキットなどではピストンの隙間が小さくすぐに焼きつき

抱きつきになることが多くあります。2000回転で5000kmも走ればシリンダーが磨耗して良くなるかもしれませんが

実際は無理ですね!

*この状態はもしかして自分で好きなクリアランスにしてね!ってことで

わざとやってるのかも?と最近思ったりして・・・・

 

0.04mmのシックネスが通らないのでペーパーでバリバリ削ります。

荒い方が最終的になじみが良いと思います。

ピン横 スカート部分を細くします。

aa-281-1.JPG (119055 バイト)

 

 

排気正面で0.07〜0.08  スタッド対角で0.1mmのシックネスが入るようになれば

抱きつきはほぼ有りません。 抱きつく前にやったほうが良いですよ。

抱いてから修正してもカチャカチャ打音は消えません。

aa-281-2.JPG (102145 バイト)